ナレッジ

FASB 金融資産の負債と資本の分類に係る改訂を提案

ダウン・ラウンド特性の会計ガイダンスおよびASC 480-10の経過措置を改訂

最近FASBより発行された、特定の金融商品の負債または資本の分類に関するガイダンスを限定的に変更するASU公開草案について説明しています。<Heads Up Volume23, Issue 31(2016.12.8)>

関連コンテンツ

Heads Up Volume23, Issue 31(2016.12.8)

デロイト米国事務所から、Heads Upニュースレター(Volume 23, Issue 31) FASB Proposes Targeted Changes to Guidance on Liabilities and Equityが発行されました。
今回のニュースレターは、最近FASBより発行された、特定の金融商品の負債または資本の分類に関するガイダンスを限定的に変更するASU公開草案について説明しています。FASBの改訂目的は、(1)「ダウン・ラウンド」条項を有する金融商品の会計、および(2)経過措置における無期限の延期を適用範囲外とすることによりASC 480-10を改善することです。
内容については、下記のHeads Upニュースレターを参照ください。
Heads Upニュースレター Volume 23, Issue 31
≫英語版
 

(785KB,PDF)

おすすめリンク

Heads Up ニュースレター Volume 23, Issue 29 (2016.11.17)
FASB 制限付現金のガイダンスを発行

Heads Up ニュースレター Volume 23, Issue 30 (2016.11.18)
FASB 株式報酬契約修正会計の改訂の公開草案発行

お役に立ちましたか?