ナレッジ

2016年AICPA全国会議のハイライト

最近のSECおよびPCAOBの動向

最近の会計・報告・及び監査実務に関するスピーチ及び質疑応答セッションが行われました。<Heads Up Volume23, Issue 32(2016.12.12)>

関連コンテンツ

Heads Up Volume23, Issue 32(2016.12.12)

デロイト米国事務所から、Heads Upニュースレター(Volume 23, Issue 32)Highlights of the 2016 AICPA Conference on Current SEC and PCAOB Developmentsが発行されました。
今回のニュースレターは、今年の3日間のAICPA全国会議より、最近のSEC及びPCAOBの動向に関する重要な洞察を抜粋しています。当会議では、最近の会計・報告・及び監査実務に関し、SEC、PCAOB、FASB、IASB、その他の専門家集団によるスピーチ及び質疑応答セッションが行われました。
内容については、下記のHeads Upニュースレター(英語版)を参照ください。なお、近日中にこのページにて日本語翻訳版を掲載予定です。
Heads Upニュースレター Volume 23, Issue 32
≫英語版
 

(1,549KB,PDF)

関連リンク

Heads Up ニュースレター Volume 23, Issue 21 (2016.7.19)
非会計基準測定への着目

Audit Committee Briefニュースレター2016年11月
監査人の監督に関する投資家向けの情報の増加

2016年11月 TRG Snapshot
収益に関する合同会議

お役に立ちましたか?