ナレッジ

FASB 非金融資産の認識の中止と部分的な売却

非金融資産の認識の中止のガイダンスを、新しい収益基準(改訂ASC606)における取引モデルと整合

最近FASBより発行されたASU No. 2017-05, Clarifying the Scope of Asset Derecognition Guidance and Accounting for Partial Sales of Nonfinancial Assets Inventory (Topic 330): Disclosure Framework—Changes to the Disclosure Requirements for Inventoryについて説明しています。<Heads Up Volume24, Issue 7(2017.2.28)>

関連コンテンツ

Heads Up Volume24, Issue 7(2017.2.28)

デロイト米国事務所から、Heads Upニュースレター(Volume 24, Issue 7) FASB Amends Guidance on Derecognition and Partial Sales of Nonfinancial Assetsが発行されました。
今回のニュースレターは、FASB Accounting Standards Update (ASU) No. 2017-05, Clarifying the Scope of Asset Derecognition Guidance and Accounting for Partial Sales of Nonfinancial Assetsについて説明しています。
当ASUは、非金融資産の部分的な売却と同様に非金融資産の認識の中止(ASC610-20)に関する最近発行されたガイダンスの範囲について明確化しています。当ASUは、非金融資産の認識の中止のガイダンスを、新しい収益基準(改訂ASC606)における取引モデルと整合させています。
内容については、下記のHeads Upニュースレターを参照ください。
Heads Upニュースレター Volume24, Issue7
≫英語版
 

(914KB,PDF)

おすすめリンク

Heads Up ニュースレター Volume23, Issue 31(2016.12.8)
FASB 金融資産の負債と資本の分類に係る改訂を提案

Heads Up ニュースレター Volume24, Issue 6(2017.2.22)
FASB 収益開示—困難の予想

お役に立ちましたか?