ナレッジ

FASB 確定給付の純期間給付コストに関する表示

事業体が提供者となる確定給付年金及びその他の退職後制度の表示ガイダンス

FASB ASU No. 2017-07, Improving the Presentation of Net Periodic Pension Cost and Net Periodic Postretirement Benefit Costについて説明しています。<Heads Up Volume24, Issue 9 (2017.3.14)>

関連コンテンツ

Heads Up Volume24, Issue 9 (2017.3.14)

デロイト米国事務所からHeads Upニュースレター(Volume 24, Issue 9) が発行されました。
当Heads Upは、FASBのAccounting Standards Update (ASU) No. 2017-07, Improving the Presentation of Net Periodic Pension Cost and Net Periodic Postretirement Benefit Costについて解説しています。当ASUは、事業体が提供者となる確定給付年金及びその他の退職後制度に関する純期間給付コストのコンポーネントの損益計算書上の表示に関連する米国会計基準の要求事項を改訂しています。
内容については、下記のHeads Upニュースレター(英語版)を参照ください。なお、近日中にこのページにて日本語翻訳版を掲載予定です。
Heads Upニュースレター Volume24, Issue9
≫英語版
 

おすすめリンク

Heads Up ニュースレター Volume24, Issue 8 (2017.3.10)
FASB 雇用者に対する株式ベースド支払の要求事項

Heads Up ニュースレター Volume24, Issue 7(2017.2.28
FASB 非金融資産の認識の中止と部分的な売却のガイダンス

お役に立ちましたか?