ナレッジ

FASB 株式ベイスト支払取決めの修正会計を改訂

新ASU、ASC 718下での事業体の修正会計適用に関するガイダンスを提供

今回のニュースレターは、2017年5月10日FASBより発行されたASU No. 2017-09について説明しています。<Heads Up Volume24, Issue 14 (2017.5.12.)>

関連コンテンツ

Heads Up Volume24, Issue 14 (2017.5.12.)

デロイト米国事務所からHeads Upニュースレター(Volume 24, Issue 14) FASB Amends the scope of modification accounting for share-based payment arrangementsが発行されました。
今回のニュースレターは、最近FASBより発行されたASU No. 2017-09, Scope of Modification Accountingについて説明しています。
当ASUは、ASC718の下、事業体が修正会計を適用することが要求される、株式ベイスト支払い報奨の期間や条件に関する変更のタイプについてのガイダンスを提供しています。特に、公正価値、Vesting条件、および報奨の分類が、修正の直前直後で同じとなる場合は、事業体は修正会計を適用しません。
内容については、下記のHeads Upニュースレター(英語版)を参照ください。
Heads Upニュースレター Volume24, Issue 14
≫英語版
 

おすすめリンク

Heads Up ニュースレターVolume24, Issue 8 (2017.3.10)
FASB 雇用者に対する株式ベースド支払の要求事項

お役に立ちましたか?