ナレッジ

FASB 新リース基準の改訂を提案

地役権の新基準への移行措置及びテクニカルな修正

新リース基準(ASU2016-02)の一部を改訂する2つの公開草案について説明しています。<Heads Up Volume24, Issue 24 (2017.10.3)>

関連コンテンツ

Heads Up Volume24, Issue 24 (2017.10.3)

デロイト米国事務所からHeads Upニュースレター(Volume 24, Issue 24) が発行されました。
当Heads Upは、FASBの新リース基準(ASU2016-02)の一部を改訂する、以下2つの公開草案について解説しています。
(1)Land Easement Practical Expedient for Transition to Topic 842
   コメント期限:2017年10月25日
(2)Technical Corrections and Improvements to Recently Issued Standards: . . . II. Accounting Standards Update No. 2016-02, Leases (Topic 842).
   コメント期限:2017年11月13日
内容については、下記のHeads Upニュースレター(英語版)を参照ください。なお、近日中にこのページにて日本語翻訳版を掲載予定です。
Heads Upニュースレター Volume24, Issue24
≫英語版

おすすめリンク

Audit Committee Briefニュースレター2017年8月
監査委員会に関する委任状開示の増加

Heads Up ニュースレター Volume24, Issue 12(2017. 4. 25)
FASB 新リース基準についてのFAQ

お役に立ちましたか?