ナレッジ

FASB ASC810についての提案

ASC812の新設による連結ガイダンス再編成

新たなCodification topic ASC812を新設することによりASC810の連結ガイダンスを再編成する、FASBの提案について記載しています。<Heads Up Volume24, Issue 25(2017.10.5)>

関連コンテンツ

Heads Up Volume24, Issue 25(2017.10.5)

デロイト米国事務所から、Heads Upニュースレター(Volume 24, Issue 25) FASB proposes to reorganize its consolidation guidanceが発行されました。
当Heads Upは、ASC812の新設によりACS810の連結ガイダンスを再編成する、ASC提案”Consolidation (Topic 812) – Reorganization”について議論しています。ASC提案では、(1)Variable Interest Entity Modelと(2)Voting Interest Entity Modelそれぞれについて、個別のセクションが設けられています。ASC提案の目標は、現在実施されている連結分析に影響を与えることなく、連結ガイダンスの適用と理解をより容易にすることにあります。
内容については、下記のHeads Upニュースレター(英語版)を参照ください。なお、近日中にこのページにて日本語翻訳版を掲載予定です。
Heads Upニュースレター Volume24, Issue25
≫英語版

おすすめリンク

Heads Up ニュースレター Volume24, Issue 19(2017. 7. 12)
FASB VIEのガイダンス改善にフォーカスした公開草案

Heads Up ニュースレター Volume24, Issue 24(2017. 10. 3)
FASB 新リース基準の改訂を提案

お役に立ちましたか?