ナレッジ

2017年AICPA全国会議のハイライト

最近のSECおよびPCAOBの動向

最近の会計・報告及び監査実務に関するスピーチ及び質疑応答セッションが行われました。<Heads Up Volume24, Issue 30 (2017.12.10.)>

Heads Up Volume24, Issue 30(2017.12.10)

デロイト米国事務所から、Heads Upニュースレター(Volume 24, Issue 30)Highlights of the 2017 AICPA Conference on Current SEC and PCAOB Developmentsが発行されました。
今回のニュースレターは、2017年12月に開催された3日間のAICPA全国会議より、最近のSEC及びPCAOBの動向に関する重要な洞察を抜粋しています。当会議では、最近の会計・報告・及び監査実務に関し、SEC、PCAOB、FASB、IASB、その他の専門家集団によるスピーチ及び質疑応答セッションが行われました。
内容については、下記のHeads Upニュースレター(英語版)を参照ください。なお、近日中にこのページにて日本語翻訳版を掲載予定です。
≫英語版
 

(PDF, 1.18MB)

おすすめリンク

Heads Up ニュースレターVolume24, Issue 29 (2017.12.5)
FASB 新リース会計基準に関する仮決定

Heads Up ニュースレターVolume24, Issue 24 (2017.10.3)
FASB 新リース基準の改訂を提案

Heads Up ニュースレターVolume24, Issue 12 (2017.4.25)
FASB 新リース基準についてのFAQ

お役に立ちましたか?