ナレッジ

非公開企業が、新収益認識基準について知っておくべきこと

非公開企業のための、ASC 606の下での収益認識の新しい5ステップモデルの概観と強制発効日について

今回のニュースレターは新収益認識基準ASU 2014-09の非公開企業への適用について記載しています。<Heads Up Volume25, Issue 4 (2018.4.11)>

Heads Up Volume25, Issue 4(2018.4.11)

デロイト米国事務所からHeads Upニュースレター(Volume 25 Issue 4) What Private Companies Should Know About the New Revenue Recognition Standardが発行されました。
今回のニュースレターは、非公開企業のための、ASC 606の下での収益認識の新しい5ステップの概観と、強制発効日について紹介しています。
併せて、新基準の特定の開示要求事項に関して、非公開企業に適用可能な実務的方策の概要を説明するとともに、内部統制上の考慮事項について取り扱っています。加えて、本ニュースレターでは、ASC 606の公開企業への導入から得た知見や教訓についても紹介しています。
内容については、下記のHeads Upニュースレター(英語版)を参照ください。
Heads Upニュースレター Volume25, Issue 4
≫英語版

 

おすすめリンク

Heads Up ニュースレターVolume25, Issue 01 (2018.01.22)
新収益基準を早期適用した公開企業の開示レビュー

Heads Up ニュースレターVolume24, Issue 28 (2017.11.12)
FASB 新しい収益基準

Heads Up ニュースレターVolume24, Issue 23 (2017.9.5)
新収益基準─影響をまだ評価中?

お役に立ちましたか?