ナレッジ

FASBがCollaborative Arrangementsに関するガイダンスを提案

ASC 808, Collaborative Arrangementsを改訂するASU公開草案

ASC 808, Collaborative ArrangementsとFASBの新収益基準(ASC 606)との相互関係に関連する不明確部分に対応 <Heads Up Volume25 Issue 5(2018.4.30)>

Heads Up Volume25, Issue 5(2018.4.30)

デロイト米国事務所から、Heads Upニュースレター(Volume 25, Issue 5) FASB Proposes Guidance on Collaborative Arrangementsが発行されました。
当Heads Upは、ASC 808, Collaborative ArrangementsとFASBの新収益基準(ASC 606)との相互関係に関連する不明確部分に対応するため、ASC 808を改訂するFASBのASU公開草案Collaborative Arrangements (Topic 808): Targeted Improvementsについて説明しています。
内容については、下記のHeads Upニュースレター(英語版)を参照ください。
Heads Upニュースレター Volume25, Issue5
≫英語版

おすすめリンク

Heads Up ニュースレターVolume25, Issue 04 (2018.04.11)
非公開企業が、新収益認識基準について知っておくべきこと

Heads Up ニュースレターVolume25, Issue 01 (2018.01.22)
新収益基準を早期適用した公開企業の開示レビュー

Heads Up ニュースレターVolume24, Issue 28 (2017.11.12)
FASB 新しい収益基準

お役に立ちましたか?