ナレッジ

SECが一定のファイリングにInline XBRLの利用を要求

EC最終規則リリース 33-10514号「Inline XBRL Filing of Tagged Data」

一定のファイリングInline XBRLフォーマットの利用を要求する最終規則が段階的に導入されます。<Heads Up Volume25, Issue 8 (2018.7.3)>

Heads Up Volume25, Issue 8(2018.7.3)

デロイト米国事務所からHeads Upニュースレター(Volume 25, Issue 8) が発行されました。
当Heads Upは、登録企業に事業会社の財務諸表情報及びファンドのリスク・リターン情報の提出においてInline XBRLフォーマットの利用を要求する、SEC最終規則リリース 33-10514号「Inline XBRL Filing of Tagged Data」について説明しています。
当最終規則は、連邦政府公報(Federal Register)での公布30日後に発効し、要求事項は大規模早期登録者(large accelerated filers)より適用が開始され、3年に亘り段階的に導入されます。
内容については、下記のHeads Upニュースレター(英語版)を参照ください。
Heads Upニュースレター Volume25, Issue 8
≫英語版
 

おすすめリンク

Heads Up ニュースレターVolume25, Issue 07 (2018.07.02)
SECが小規模報告企業の分類適用範囲を拡大   

Heads Up ニュースレターVolume25, Issue 06 (2018.06.21)
FASBが非雇用者に対する株式ベースド支払取決めの会計処理を簡素化   

Heads Up ニュースレターVolume25, Issue 05 (2018.04.30)
FASBがCollaborative Arrangementsに関するガイダンスを提案

お役に立ちましたか?