ナレッジ

SECによるコメントは、ASC 606を適用するための登録企業の取り組みを反映

新収益基準における公開ビジネス事業体の開示要求の説明

新収益基準の適用に関するSECスタッフ・コメントの事例を提示<Heads Up Volume25, Issue 16(2018.9.26)>

Heads Up Volume25, Issue 16(2018.9.26)

デロイト米国事務所から、Heads Upニュースレター(Volume 25, Issue 16) SEC Comments Reflect Registrants’ Efforts to Implement ASC 606が発行されました。
当Heads Upは、FASBの新収益基準であるASC 606, Revenue From Contracts With Customers における公開ビジネス事業体(public business entities)の開示要求について説明しています。このニュースレターは、現在までに発行された約100のSECスタッフ・コメントのレビューにおいて気付いた、ASC 606の適用に関するいくつかの重要なテーマ(会計および開示要求に関する)に焦点を当てています。また、これらのコメントの事例を示しています。

内容については、下記のHeads Upニュースレター(英語版)を参照ください。
Heads Upニュースレター Volume25, Issue16
英語版

おすすめリンク

Heads Up ニュースレターVolume25, Issue 09 (2018.07.11)
FASB ASC 606新収益認識基準の下での開示

Heads Up ニュースレターVolume25, Issue 04 (2018.04.11)
非公開企業が、新収益認識基準について知っておくべきこと

Heads Up ニュースレターVolume25, Issue 01 (2018.01.22)
新収益基準 早期適用公開企業の開示レビュー

お役に立ちましたか?