ナレッジ

FASB ASC 842新リース基準移行論点への回答

新会計基準発効直前の公開事業体のための移行の会計処理

今回のニュースレターは、2019年の期中報告から新リース会計基準(ASC 842)を適用する公開事業体における、よくある移行の論点や移行の仕訳に直接の影響を与える論点に対するDeloitteの洞察を提供しています。<Heads Up Volume25, Issue 17 (2018.10.17.)>

Heads Up Volume25, Issue 17(2018.10.17)

デロイト米国事務所からHeads Upニュースレター(Volume 25 Issue 17) At “Lease” There Are Answers to Transition Questions が発行されました。
今回のニュースレターは、当Heads Upは、「FASB Accounting Codification Topic 842, リース」におけるガイダンスの導入に関する、移行の論点について記載しています。
当Heads Upで取り扱っているトピックスには、2018年第4四半期適用を含む早期適用に関連する期中報告要求、既存のオペレーティング・リースのリース債務の決定、以前に認識した減損についての検討を含むビルド・トゥ・スーツ(build-to-suit)資産の会計についての説明を含みます。
内容については、下記のHeads Upニュースレター(英語版)を参照ください。
Heads Upニュースレター Volume25, Issue 17
≫英語版

おすすめリンク

Audit Committee Briefニュースレター2018年9月
新リース基準の準備状況

お役に立ちましたか?