ナレッジ

FASBがCollaborative Arrangementsに関するガイダンスを修正

FASBがCollaborative Arrangementsと新収益基準との相互関係を明確化するASUを発行

FASBがCollaborative Arrangementsと新収益基準との相互関係を明確化するASUを発行し、Collaborative Arrangementsに関するガイダンスを修正<Heads Up Volume25, Issue 19 (2018.11.13)>

Heads Up Volume25, Issue 19(2018.11.13)

デロイト米国事務所からHeads Upニュースレター(Volume 25, Issue 19) が発行されました。
当Heads Upは、FASBが発行したAccounting Standards Update (ASU) No.2018-18, Clarifying the Interaction Between Topic 808 and Topic606について記載しています。当ASUは、ASC808, Collaborative Arrangementsを修正し、ASC808に基づくCollaborative arrangementの参加者間の取引がFASBの新収益基準のスコープ内である場合を明確にしています。

内容については、下記のHeads Upニュースレター(英語版)を参照ください。
Heads Upニュースレター Volume25, Issue19
≫英語版

おすすめリンク

Heads Up ニュースレターVolume25, Issue 05 (2018.04.30)
FASBがCollaborative Arrangementsに関するガイダンスを提案

Heads Up ニュースレターVolume25, Issue 04 (2018.04.11)
非公開企業が、新収益認識基準について知っておくべきこと

お役に立ちましたか?