ナレッジ

SECが四半期報告書及び利益公表に関するコメントを要求

定期報告の頻度、開示範囲、利益公表等についてコメント募集

SEC発行No. 33-10588 「利益公表及び四半期報告書に関するコメントを要求」について説明しています。<Heads Up Volume25, Issue 23 (2018.12.21)>

Heads Up Volume25, Issue 23(2018.12.21)

デロイト米国事務所からHeads Upニュースレター(Volume 25, Issue 23) SEC Seeks Input on Quarterly Reports and Earnings Releasesが発行されました。
当Heads Upは、2018年12月18日にSECが発行した、報告会社による四半期報告書及び利益公表に対するコメント要求について記載しています。 SECは、報告企業が発行する四半期報告書及び利益公表に関する性質と内容に対するフィードバックを求めています。 求められるフィードバックには、利害関係者からの次の観点を含みます。
(1) 定期報告の頻度
(2) 四半期開示の範囲
(3) 要求されるForms 10-Qと自発的な利益公表との関係性
(4) 四半期報告と短期的結果重視との関係性
コメント要求への回答は、発行後90日期限です。
内容については、下記のHeads Upニュースレター(英語版)を参照ください。
Heads Upニュースレター Volume25, Issue 23
≫英語版
 

おすすめリンク

Heads Up ニュースレターVolume25, Issue 16 (2018.9.26)
SECによるコメントは、ASC 606を適用するための登録企業の取り組みを反映

Heads Up ニュースレターVolume25, Issue 12 (2018.8.18)
SECは、開示要求を更新および簡素化する最終規則を発行

Heads Up ニュースレターVolume25, Issue 10 (2018.7.31)
SEC 保証者および有価証券担保に関連する開示の簡素化および救済を提案

お役に立ちましたか?