ナレッジ

FASBが株式ベースド支払に関する会計処理への対処を提案

FASB公開草案を発行

FASB公開草案ASU Codification Improvements — Share-Based Consideration Payable to a Customerについて説明<Heads Up Volume26, Issue 2 (2019.3.5)>

Heads Up Volume6, Issue1(2019.3.5)

デロイト米国事務所からHeads Upニュースレター(Volume 26, Issue 2)が発行されました。
当Heads Upは、FASBが最近発行したProposed Accounting Standards Update (ASU), Codification Improvements — Share-Based Consideration Payable to a Customerについて説明しています。 当ASU公開草案は、顧客へのセールス・インセンティブとして発行された株式ベースド支払に関する会計処理に対処する提案をしています。 事業体は、顧客への株式ベースド支払を測定し分類する際に、ASC718, 株式報酬のガイダンスを適用することが求められることになります。

内容については、下記のHeads Upニュースレター(英語版)を参照ください。
Heads Upニュースレター Volume26, Issue 2
≫英語版

おすすめリンク

Heads Up ニュースレターVolume25, Issue 23 (2018.12.21)
SECが四半期報告書及び利益公表に関するコメントを要求

Heads Up ニュースレターVolume25, Issue 22 (2018.12.16)
AICPAカンファレンス・ハイライト

Heads Up ニュースレターVolume25, Issue 21 (2018.12.14)
SEC FASBが新リース基準の貸手に関する指針を改訂  

お役に立ちましたか?