ナレッジ

FASBの法人税に関する提案

法人税の開示要求の変更に関する提案

FASBの法人税の開示要求の変更に関する提案<Heads Up Volume26, Issue 5 (2019.3.29)>

Heads Up Volume26, Issue5(2019.3.29)

デロイト米国事務所からHeads Upニュースレター(Volume 26, Issue 5) が発行されました。
当Heads Upは、FASBの2019年3月25日の”proposed Accounting Standards Update (ASU), Disclosure Framework — Changes to the Disclosure Requirements for Income Taxes”について記載し、2016年7月に発行されたFASBの最初のエクスポージャー・ドラフトと比較しています。公開草案ASUは、一定の現状の法人税の開示要求の修正または削除に加え、新しい要求を規定しています。FASBの開示フレームワーク・プロジェクトの一部である公開草案の提案は、財務諸表利用者にとって所得税の開示の目的適合性が向上することになります。コメント期限は2019年5月31日です。

内容については、下記のHeads Upニュースレター(英語版)を参照ください。
Heads Upニュースレター Volume26, Issue4
≫英語版

おすすめリンク

Heads Up ニュースレターVolume26, Issue 2 (2019.3.5)
FASBが株式ベースド支払に関する会計処理への対処を提案

Heads Up ニュースレターVolume26, Issue 1 (2019.2.11)
FASBが信用損失基準への容易な移行のための提案へ

Heads Up ニュースレターVolume25, Issue 21 (2018.12.14)
FASBが新リース基準の貸手に関する指針を改訂  

お役に立ちましたか?