ナレッジ

FASBがASU 2016-13を改訂

ASU 2019-05:Targeted Transition Reliefの解説

ASU 2016-13が改訂され、一定の場合にASU適用時のFair Value Option選択が可能となりました。<Heads Up Volume26, Issue 9(2019.5.15)>

Heads Up Volume26, Issue9 (2019.5.15)

デロイト米国事務所から、Heads Upニュースレター(Volume 26, Issue 9) FASB Issues Targeted Transition Relief for Entities Adopting ASU 2016-13が発行されました。
当Heads Upは、FASBが最近発行したASU 2019-05 “Targeted Transition Relief”について説明しています。ASU 2019-05は、ASU 2016-13 “Measurement of Credit Losses on Financial Instruments”を改訂し、ASU 825-10”Financial Instruments-Overall”で公正価値オプションが適格である場合、以前償却原価で記帳されASC 326-20”Financial Instruments-Credit Losses: Measured at Amortized Cost”の適用対象である金融商品について、ASU 2016-13適用時のFair Value Option選択を可能としています。
内容については、下記のHeads Upニュースレター(英語版)を参照ください。
Heads Upニュースレター Volume26, Issue 9
≫英語版

Heads Up ニュースレターVolume26, Issue 5 (2019.3.29)
FASBの法人税に関する提案

Heads Up ニュースレターVolume26, Issue 2 (2019.3.5)
FASBが株式ベースド支払に関する会計処理への対処を提案

Heads Up ニュースレターVolume26, Issue 1 (2019.2.11)
FASBが信用損失基準への容易な移行のための提案へ

お役に立ちましたか?