ナレッジ

SECスタッフがLIBOR移行に関するステートメントを公表  

マーケット及びマーケット参加者に与える影響

London Interbank Offered Rate(LIBOR)適用廃止予定に関するステートメント<Heads Up Volume26, Issue 16 (2019.8.6)>

Heads Up Volume26, Issue 16 (2019.8.6)

デロイト米国事務所からHeads Upニュースレター(Volume 26, Issue 16) SEC Staff Issues Statement on LIBOR Transitionが発行されました。
当Heads Upは、SECスタッフが最近公表した、デリバティブ等の契約におけるベンチマーク又は参照レートとしてのLondon Interbank Offered Rate (LIBOR) 適用廃止予定に関するStatement、及びLIBORからの移行が財務市場及びマーケット参加者(上場企業・投資会社・アドバイザー・ブローカーディーラー含む)にどの程度重要な影響を与えるかについて解説しています。

内容については、下記のHeads Upニュースレター(英語版)を参照ください。

Heads Upニュースレター Volume26, Issue 16
英語版
 

おすすめリンク

Heads Up ニュースレターVolume26, Issue15(2019 7. 18)
FASBが新会計基準の適用日改訂を仮決定

Heads Up ニュースレターVolume26, Issue14(2019 7. 1)
公開企業の第一四半期リース開示

Heads Up ニュースレターVVolume25, Issue22(2018 12. 16)
AICPAカンファレンス・ハイライト

お役に立ちましたか?