ナレッジ

FASBが債務の貸借対照表分類を簡素化するASU公開草案を再発行

ASU公開草案を再発行

債務の流動または非流動の決定を簡素化<Heads Up Volume26, Issue 20 (2019.9.19)>

Heads Up Volume26, Issue 20 (2019.9.19)

デロイト米国事務所からHeads Upニュースレター(Volume 26, Issue 20) が発行されました。
当Heads Upは、最近FASBから発行された債務の貸借対照表分類を簡素化するASU公開草案について説明しています。当公開草案は、FASBの2017年1月27日付ASU公開草案と同じトピックの改訂版であり、債務を分類貸借対照表の流動または非流動のどちらに分類すべきかを決定するコストと複雑さを軽減することを目的としています。公開草案に対するコメント期限は、2019年10月28日です。

内容については、下記のHeads Upニュースレター(英語版)を参照ください。
Heads Upニュースレター Volume26, Issue20
英語版

おすすめリンク

Heads Up ニュースレターVolume26, Issue17(2019 8. 8)
FASB発行のProposed ASUの解説

Heads Up ニュースレターVolume26, Issue15(2019 7. 18)
FASBが新会計基準の適用日改訂を仮決定

Heads Up ニュースレターVolume26, Issue13(2019 7. 1)
FASBの新たな期待信用損失基準がノンバンクに与える影響

お役に立ちましたか?