ナレッジ

持続可能性の開示が主流になる

環境、社会、ガバナンスのトピックを開示

透明性の改善<Heads Up Volume26, Issue 21 (2019.9.24)>

Heads Up Volume26, Issue 21 (2019.9.24)

デロイト米国事務所からHeads Upニュースレター(Volume 26, Issue 21) が発行されました。
当Heads Upは、環境、社会、ガバナンスのトピックの透明性を開示または改善するよう企業に圧力をかける結果となった市場でのさまざまな進展、およびそのような情報を財務報告書に開示する動きについて説明しています。

内容については、下記のHeads Upニュースレター(英語版)を参照ください。
Heads Upニュースレター Volume26, Issue21
英語版
 

おすすめリンク

Heads Up ニュースレターVolume26, Issue19(2019 8. 30)
PCAOB新監査基準に基づくCAMの記載(速報)

Heads Up ニュースレターVolume26, Issue18(2019 8. 20)
SECが特定のS-X規則の開示要求を最新化

Heads Up ニュースレターVolume26, Issue17(2019 8. 8)
FASB発行のProposed ASUの解説

お役に立ちましたか?