ナレッジ

FASBが発行したASU 2019-08の解説

顧客に対するセールス・インセンティブとして発行される株式に基づく報酬の会計処理を明確

ASU 606に従って会計処理される顧客に対するセールス・インセンティブとして発行される株式に基づく報酬の測定と分類のためのガイダンスについて説明しています。<Heads Up Volume 26, Issue 22(2019.11.13)>

Heads Up Volume 26, Issue 22(2019.11.13)

デロイト米国事務所から、Heads Upニュースレター(Volume 26, Issue 22) FASB Clarifies the Accounting for Share-Based Payments Issued as Sales Incentives to Customersが発行されました。
当Heads Upは、ASU 2018-07(Improvements to Nonemployee Share-Based Payment Accounting)の発行により改訂されたASU 606(Revenue from Contracts with Customers)に従って会計処理される、顧客へ支払う対価として発行される株式に基づく報酬について、その測定と分類をASU 718(Compensation – Stock Compensation)に従って実施することを明確化した、ASU 2019-08について説明しています。
内容については、下記のHeads Upニュースレター(英語版)を参照ください。
Heads Upニュースレター Volume26, Issue 22
英語版
 

おすすめリンク

Heads Up ニュースレターVolume25, Issue16(2018 9. 26)
SECによるコメントは、ASC 606を適用するための登録企業の取り組みを反映

Heads Up ニュースレターVolume25, Issue09(2018 7. 11)
FASB ASC 606新収益認識基準の下での開示

Heads Up ニュースレターVolume25, Issue06(2018 6.21)
FASBが非雇用者に対する株式ベースド支払取決めの会計処理を簡素化

お役に立ちましたか?