ナレッジ

FASBが発行したASU 2019-10の解説   

主要な会計基準の適用日の改訂   

会計基準適用日に関する新たなフレームワーク、及び主要な会計基準の適用日改訂について説明しています。<Heads Up Volume 26, Issue 23(2019.11.19)>

Heads Up Volume 26, Issue 23(2019.11.19)

デロイト米国事務所から、Heads Upニュースレター(Volume 26, Issue 23) FASB Changes Some Effective Dates for Certain New Accounting Standardsが発行されました。
当Heads Upは、FASBが発行したASU 2019-10(Financial Instruments — Credit Losses (Topic 326), Derivatives and Hedging (Topic 815), and Leases (Topic 842): Effective Dates.)について説明しています。
当ASUは、将来の主要な会計基準の適用日に関する新たなフレームワークを提供するとともに、特定の分類の事業体について主要な会計基準(Hedging (ASU 2017-12, as amended)、Leasing(ASU 2016-02, as amended)、Credit Losses(ASU 2016-13, as amended)、Goodwill Impairment(ASU 2017-04))の適用日を改訂しています。
内容については、下記のHeads Upニュースレター(英語版)を参照ください。
Heads Upニュースレター Volume26, Issue 23
≫英語版 

 

Heads Up ニュースレターVolume26, Issue15(2019 7. 18)
FASBが新会計基準の適用日改訂を仮決定

Heads Up ニュースレターVolume26, Issue12(2019 6. 28)
FASBが信用損失の基準を改善するための公開草案を発行

Heads Up ニュースレターVolume26, Issue01(2019  2. 11)
FASBが信用損失基準への容易な移行のための提案へ       

 
お役に立ちましたか?