ナレッジ

FASBがヘッジ会計ガイダンスの改善を提案

ASU 2017-12明確化のための公開草案

FASBがヘッジ会計ガイダンスの改善を提案<Heads Up Volume26, Issue 24 (2019.11.26)>

Heads Up Volume26, Issue 24 (2019.11.26)

デロイト米国事務所からHeads Upニュースレター(Volume 26, Issue 24) FASB Proposes Improvements to Hedge Accounting Guidanceが発行されました。
当Heads Upは、FASBのASC815ガイダンスに対し改訂を加えた、ASU 2017-12, Targeted Improvements to Accounting for Hedging Activitiesを明確化するためのヘッジ会計改善の公開草案について説明しています。当公開草案は、ASU2017-12適用に関連するステークホルダーからのフィードバックや質問に対応して提案されています。
当公開草案に対するコメント期限は2020年1月13日です。
内容については、下記のHeads Upニュースレター(英語版)を参照ください。
Heads Upニュースレター Volume26, Issue 24
≫英語版

おすすめリンク

Heads Up ニュースレターVolume26, Issue15(2019 7. 18)

FASBが新会計基準の適用日改訂を仮決定

 

Heads Up ニュースレターVolume26, Issue06(2019  5.   7)

FASBの狭い範囲の金融商品会計のアップデート      

お役に立ちましたか?