ナレッジ

最近のSEC及びPCAOBの進展に関する2019年AICPAカンファレンス・ハイライト

2019年12月開催のAICPAカンファレンスの解説

最近のSEC及びPCAOBの進展に関する会計、報告及び監査に関するトピックについて説明しています。<Heads Up Volume26, Issue 26 (2019.12.16)>

Heads Up Volume 26, Issue 26(2019.12.16)

デロイト米国事務所からHeads Upニュースレター(Volume 26, Issue 26) が発行されました。
当Heads Upは、最近のSEC及びPCAOBの進展に関する今年のAICPA Conferenceからの洞察について記載しています。この会議では、SEC、PCAOB、FASB、および他の専門家グループによる、現在の会計、報告、および監査実務の問題に関するスピーチとパネルディスカッションが行われました。

内容については、下記のHeads Upニュースレター(英語版)を参照ください。
Heads Upニュースレター Volume26, Issue26
英語版
 

(PDF, 1MB)

おすすめリンク

Heads Up ニュースレターVolume26, Issue25(2019 12. 2)
FASBが信用損失に関するガイダンスを改善

Heads Up ニュースレターVolume26, Issue23(2019 11. 19)
FASBが発行したASU 2019-10の解説

Heads Up ニュースレターVolume26, Issue22(2019 11. 13)
FASBが発行したASU 2019-08の解説

お役に立ちましたか?