ナレッジ

電子財務報告におけるXBRL利用に関する開発

米国やEUの規制市場における財務データの提出での考慮事項

XBRLの利用増加に伴いデータ品質の重要性が高まる中での最近の開発及び適用の要約<Heads Up Volume27, Issue 10 (2020.4.20)>

Heads Up Volume27, Issue 10 (2020.4.20)

デロイト米国事務所からHeads Upニュースレター(Volume 27, Issue 10) Developments Related to the Use of XBRL in Digital Financial Reportingが発行されました。
当Heads Upは、電子財務報告におけるeXtensible Business Reporting Language(XBRL)の最近の開発について要約しており、特に米国やEUの規制市場における財務データの提出での考慮事項をハイライトしています。

内容については、下記のHeads Upニュースレター(英語版)を参照ください。

Heads Upニュースレター Volume27, Issue 10
英語版

おすすめリンク

Volume27, Issue 3(2020.3.10)
証券の保証人及び担保に関する開示要求の簡素化

Volume27, Issue02(2020 2.10)
SECがMD&A及び関連する財務開示要求を近代化するルールを提案Volume27, Issue8(2020 4. 9)

Volume26, Issue26(2019 12.16)
最近のSEC及びPCAOBの進展に関する2019年AICPAカンファレンス・ハイライト

お役に立ちましたか?