ナレッジ

CARES Actのもとでの給与保護プログラムに関する考慮事項

債務免除可能なローンを受領する事業者に対する会計及び財務報告上の考慮事項

CARES Actのもとで債務免除可能な給与保護プログラムでのローンを受領する事業者に対する会計及び財務報告上の考慮事項について説明しています。<Heads Up Volume27, Issue 12 (2020.5.7; Updated 2020.5.15)>

Heads Up Volume27, Issue 12 (2020.5.7; Updated 2020.5.15)

デロイト米国事務所からHeads Upニュースレター(Volume 27, Issue 12) Accounting and Reporting Considerations for Forgivable Loans Received by Business Entities Under the CARES Act’s Paycheck Protection Programが発行されました。
当Heads Upは、CARES Actのもとで債務免除可能な給与保護プログラムでのローンを受領する事業者に対する会計及び財務報告上の考慮事項について説明しています。なお当Heads Upは、アメリカ連邦中小企業庁が発行した追加的なガイダンス、及びCARES Actを担当するSECスタッフによるディスカッションを反映するため更新されました。

内容については、下記のHeads Upニュースレター(英語版)を参照ください。

Heads Upニュースレター Volume27, Issue 12
英語版

おすすめリンク

Volume27, Issue 8 (2020.4.9; Last Updated 2020.5.15)
米国の金融刺激策“CARES Act”

Volume27, Issue7 (2020 4.9; Updated 2020.4.30)
適用日の延期の決定とCOVID-19のガイダンスの提供

Volume27, Issue 6 (2020.3.27; Updated 2020.4.3)
議会は銀行及び信用組合の会計規則に配慮している(“CARES”)ことを示す

お役に立ちましたか?