ナレッジ

SECがMD&A及び関連する財務開示要求を近代化するルールを提案

開示の改訂案及び考慮事項のガイダンス

MD&A及びSEC Regulation S-Kで要求される特定の金融開示の改訂案<Heads Up Volume27, Issue 2 (2020.2.10)>

Heads Up Volume 27, Issue 2(2020.2.10)

デロイト米国事務所からHeads Upニュースレター(Volume 27, Issue 2) SEC Proposes Rule to Modernize MD&A and Related Financial Disclosure Requirementsが発行されました。
当Heads Upは、SECが最近発行した提案ルールManagement’s Discussion and Analysis, Selected Financial Data, and Supplementary Financial Informationについて記載されています。
提案には、Management’s Discussion and Analysis (MD&A)及びSEC Regulation S-Kで要求される特定の金融開示の改善(近代化)が含まれており、特に以下が示されています。
 Regulation S-K, Item 301, “Selected Financial Data.”の消去
 Regulation S-K, Item 302, “Supplementary Financial Information.” の消去
 Regulation S-K, Item 303, “Management’s Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations.”の特定局面の改訂
 FPIで使用されるフォームの改訂
又Heads Upでは、SECが別途発行し、SEC ChairmanのJay Clayton’sが提案ルールとともに公式発表した、key performance indicators及びMD&Aのメトリックスに関する開示の考慮事項の解釈ためのガイダンスを提供しています。

内容については、下記のHeads Upニュースレター(英語版)を参照ください。

Heads Upニュースレター Volume27, Issue 2
英語版
 

おすすめリンク

Heads Up ニュースレターVolume26, Issue26(2019 12. 2)
最近のSEC及びPCAOBの進展に関する2019年AICPAカンファレンス・ハイライト

Volume26, Issue18(2019 8. 20)
SECが特定のS-X規則の開示要求を最新化

Volume26, Issue16(2019 8. 6)
SECスタッフがLIBOR移行に関するステートメントを公表

お役に立ちましたか?