ナレッジ

ASC842の適用に関するFASBの公開円卓会議

ASC842の適用に関する課題への対応

ASC842の適用に関する課題に対応するFASBの最近の公開円卓会議について説明しています<Heads Up Volume27, Issue 21 (2020.9.28)>

Heads Up Volume27, Issue 21 (2020.9.28)

デロイト米国事務所からHeads Upニュースレター(Volume 27, Issue 21) が発行されました。
当Heads Upは、ASC842の適用に関する課題に対応するFASBの最近の公開円卓会議について説明しています。これらの円卓会議は、新しいリースガイダンスの適用または解釈の難しい事項について利害関係者からのフィードバックを求めるFASBの広範な取り組みの一部です。円卓会議の参加者は、FASBスタッフがアウトリーチ活動を通じて特定した以下の5つのトピックを取り上げました。
• トピック1 —リースにおける内在レートの借手適用
• トピック2 —借手による増分借入金利の適用
• トピック3 —組み込みリース
• トピック4 —リースの変更
• トピック5 —固定定支払および変動支払の借手割当

内容については、下記のHeads Upニュースレター(英語版)を参照ください。

Heads Upニュースレター Volume27, Issue 21
英語版

おすすめリンク

Volume26, Issue14(2019 7. 1)
公開企業の第一四半期リース開示

Volume25, Issue21(2018 12. 14)
FASBが新リース基準の貸手に関する指針を改訂

Volume25, Issue17(2018 10. 17)
FASB ASC 842新リース基準移行論点への回答

お役に立ちましたか?