ナレッジ

FASBが非営利企業の開示及び寄贈された非金融資産の開示に関するガイダンスを発行

ASU NO.2020-07の解説

寄贈された非金融資産の金銭及び金融資産の寄贈とは別途項目での開示要求<Heads Up Volume27, Issue 27 (2020.12.4)>

Heads Up Volume27, Issue 27 (2020.12. 4)

デロイト米国事務所からHeads Upニュースレター(Volume 27, Issue 27) FASB Issues Guidance on Not-for-Profit Entities’ Presentation of and Disclosures About Contributed Nonfinancial Assetsが発行されました。
当Heads Upは、FASBのASU NO.2020-07 Presentation and Disclosures by Not-for-Profit Entities for Contributed Nonfinancial Assetsについて解説しています。当ASUはASC958-605を改訂し、非営利企業に対し、以下を要求しています。
(1) 寄贈された非金融資産は、statement of activitiesにおいて、金銭及び金融資産の寄贈とは別途の項目として開示する
(2) 寄贈された非金融資産に関する開示

内容については、下記のHeads Upニュースレター(英語版)を参照ください。
Heads Upニュースレター Volume27, Issue 27
英語版
 

おすすめリンク

Volume27, Issue 25 (2020.11.6)
FASB発行のProposed ASUの解説

Volume27, Issue 23 (2020.11.2)
FASBが焦点を絞ったリースガイダンスの改善を提案

Volume27, Issue 21 (2020.9.28)
ASC842の適用に関するFASBの公開円卓会議

お役に立ちましたか?