ナレッジ

中小規模の公開企業のステータスについての資格を拡大

SECが最終ルールを発行

中小規模の公開企業のステータスについての資格を拡大する最終ルールをSECが発行<Heads Up Volume27, Issue 4 (2020.3.19)>

Heads Up Volume27, Issue 4 (2020.3.19)

デロイト米国事務所からHeads Upニュースレター(Volume 27, Issue 4) が発行されました。
当Heads Upは、SECが最近発行した最終ルールAmendments to the Accelerated Filer and Large Accelerated Filer Definitions(早期登録会社及び早期登録大規模会社の定義の修正)について説明しています。このルールは、Nonaccelerated Filer(中小規模の公開企業)のステータスに関する適格基準を拡大し、年間収益が1億ドル未満、公開フロートが7億ドル未満の小規模な報告会社として認定された発行者を含めています。
最終ルールは、中小規模の公開企業に提供される特定の報告手段を利用できる発行者の数を増やすことにより、投資家の保護を維持しながら資本形成を促進することを目的としています。

内容については、下記のHeads Upニュースレター(英語版)を参照ください。
Heads Upニュースレター Volume27, Issue4
英語版

おすすめリンク

Volume27, Issue2(2020 2.10)
SECがMD&A及び関連する財務開示要求を近代化するルールを提案

Volume27, Issue1(2020 1.7)
2020年に振り返る

Volume26, Issue26(2019 12.16)
最近のSEC及びPCAOBの進展に関する2019年AICPAカンファレンス・ハイライト

お役に立ちましたか?