ナレッジ

FASBが発行したASU 2020-04の解説

財務報告における金利改革指標の影響の簡易化

FASBによる財務報告における金利改革指標の影響の簡易化について説明しています。<Heads Up Volume27, Issue 5 (2020.3.23)>

Heads Up Volume27, Issue 5 (2020.3.23)

デロイト米国事務所からHeads Upニュースレター(Volume 27、Issue 5)が発行されました。
当Heads Upは、金利指標改革の影響を受ける契約、ヘッジ関係およびその他の取引への、US GAAPの適用に関連して、特定の基準が満たされた場合に選択的便法および例外を企業に提供する、FASB会計基準アップデートNo. 2020-04、財務報告への参照レート改革の影響の促進(財務報告における金利改革指標の影響の簡易化)について説明しています。

内容については、
下記のHeads Upニュースレター(英語版)を参照ください。HeadsUpニュースレターVolume27、Issue5≫
英語版
 

おすすめリンク

Volume26, Issue27(2019 12.19)
FASBが発行したASU 2019-12の解説

Volume26, Issue25 (2019 12.2)
FASBが信用損失に関するガイダンスを改善

Volume26, Issue24(2019 11.26)
FASBがヘッジ会計ガイダンスの改善を提案

お役に立ちましたか?