ナレッジ

議会は銀行及び信用組合の会計規則に配慮している(“CARES”)ことを示す

Coronavirus Aid, Relief and Economic Security (CARES) Actの影響

銀行及び信用組合に対するSECまたはFASBの措置について説明しています。<Heads Up Volume27, Issue 6 (2020.3.27; Updated 2020.4.3)>

Heads Up Volume27, Issue 6 (2020.3.27; Updated 2020.4.3)

デロイト米国事務所からHeads Upニュースレター(Volume 27, Issue 6) が発行されました。
当Heads Upは3月27日に発行され、新たに制定されたCoronavirus Aid, Relief and Economic Security (CARES) Actにより銀行及び信用組合に適用された救済の結果として、SECまたはFASBがとる可能性のある措置について説明しています。
4月3日に公表されたSEC Chief Accountantの声明を反映するため、当Heads Upが更新されました。同声明では、CARES Act適用についてGAAPに準拠しているとの結論に反対しないことが示されました。

内容については、下記のHeads Upニュースレター(英語版)を参照ください。
Heads Upニュースレター Volume27, Issue6
英語版

おすすめリンク

Volume27, Issue 8 (2020.4.9; Last Updated 2020.5.15)
米国の金融刺激策“CARES Act”

Volume27, Issue 7 (2020.4.9; Updated 2020.4.30)
適用日の延期の決定とCOVID-19のガイダンスの提供

お役に立ちましたか?