ナレッジ

環境目標に関する会計上の考慮事項

SECの動向・戦略的な見解

ESGへの関心の高まりの中、気候関連に関する共通的な考慮事項を取り上げています<Heads Up Volume28, Issue 14 (2021.11.4)>

Heads Up Volume28, Issue 14 (2021.11.4)

デロイト米国事務所からHeads Upニュースレター(Volume 28, Issue 14) が発行されました。
企業は気候に関連するゴールを設定するのに加え、ゴールそのものとゴールを達成するための取引の両方に関連する会計及び報告上の考慮事項への関心を強めています。
当Heads Upでは、関連するSECの動向とともに、現在のビジネス環境における気候関連の問題に関連した最も共通的な会計および報告上の考慮事項として戦略的な見方を取り上げています。
内容については、下記のHeads Upニュースレター(英語版)を参照ください。

Heads Upニュースレター Volume28, Issue 14
英語版

また、当Heads Upは翻訳版を作成しています。翻訳版はこちらを参照ください。

おすすめリンク

Volume28, Issue 9 (2021. 9. 27)
SECが気候変動の開示に関するサンプルコメントを発行

Volume28, Issue 7 (2021.6.4)
#DeloitteESGnow—ESG規制の旋風:水平線上の説明責任

Volume28, Issue 6 (2021.5.26)
ESG問題が現在の会計及び財務報告に与える影響

お役に立ちましたか?