ナレッジ

基準設定-ESG及び気候関連報告が財務報告に該当するとき

COP26におけるサスティナビリティ開示関連

2021年11月のCOP26において、IFRS財団は国際サスティナビリティ基準審議会(ISSB)の創設、サスティナビリティ開示基準の基礎となるプロトタイプを提案し、SECはESG関連の開示ルール案を作成中であると発表しました<Heads Up Volume28, Issue 16 (2021.11.22)>

Heads Up Volume28, Issue 16(2021. 11. 22)

デロイト米国事務所からHeads Upニュースレター(Volume 28, Issue 16) が発行されました。
当Heads Upは、COP26 (the 26th United Nations Conference of the Parties)で発表された主要な進展等、企業のサスティナビリティ開示の透明性と比較可能性を改善する最近および今後の動きについて説明しています。 主なトピックスは以下の通りです。(1)COP26においてIFRS財団は国際サスティナビリティ基準審議会(ISSB)の創設を発表しました。(2)サスティナビリティ開示基準の基礎を形成すると予想される、サスティナビリティ関連財務情報の開示に関する全般的要求事項のプロトタイプと気候関連開示のプロトタイプの2つのプロトタイプを公表しました。(3)SECは登録企業の財務書類における環境、社会、及びガバナンス(ESG)関連の開示ルール案を作成中です。
内容については、下記のHeads Upニュースレター(英語版)を参照ください。
Heads Upニュースレター Volume28, Issue 16
英語版

また、当Heads Upは翻訳版を作成しています。翻訳版はこちらを参照ください。

おすすめリンク

Volume28, Issue 7 (2021.6.4)
#DeloitteESGnow—ESG規制の旋風:水平線上の説明責任

Volume27, Issue 24 (2020.11.3)
#DeloitteESGNow-人的資本の測定

Volume27, Issue 20 (2020.9.22)
デロイトのESGの今─ESG開示の信頼強化

お役に立ちましたか?