ナレッジ

FASBがヘッジ会計のガイダンスを明確化

金融資産のポートフォリオの金利リスクの公正価値ヘッジ会計に関するASC 815のガイダンスを明確化

FASBが新たに発行したAccounting Standards Update (ASU) , Fair Value Hedging — Portfolio Layer Method について記載しています。 <Heads Up Volume29, Issue 3 (2022.3.29)>

Heads Up Volume29, Issue 3 (2022.3.29)

デロイト米国事務所からHeads Upニュースレター(Volume 29, Issue 3) が発行されました。

当Heads Upは、FASBが新たに発行したAccounting Standards Update (ASU) , Fair Value Hedging — Portfolio Layer Method について記載しています。当ASUは、金融資産のポートフォリオの金利リスクの公正価値ヘッジ会計に関するASC 815のガイダンスを明確化しています。ASU 2022-01は、ASU 2017-12のガイダンスを改訂し、特にポートフォリオの公正価値ヘッジ会計へのアクセスを容易にするためにラスト・オブ・レイヤー法を確立しました。さらに、このメソッドの名前が ポートフォリオ・レイヤー法に変更されました。

内容については、下記のHeads Upニュースレター(英語版)を参照ください。

Heads Upニュースレター Volume29, Issue 3
≫英語版

おすすめリンク

Heads Up ニュースレター Volume28, Issue 19(2021 12.20)
FASB サプライヤーファイナンスプログラムに関する開示の提案

Heads Up ニュースレター Volume28, Issue 17(2021 12. 3)
FASBの政府援助に関するガイダンスの提供

Heads Up ニュースレター Volume28, Issue 05 (2021 5.21)
FASBがヘッジ会計ガイダンスの更なる改善を提案

お役に立ちましたか?