ナレッジ

SECの気候変動情報の開示要求に関する提案された規則の包括的分析

SECの規則案 「投資家のための気候関連の情報開示の強化と標準化」について記載しています。

SECの規則案 「投資家のための気候関連の情報開示の強化と標準化」 において要求される特定の開示に関する事項について、2022年3月21日付Heads Upのエグゼクティブ・サマリーを拡張し記載しています。<Heads Up Volume29, Issue 4 (2022.3.29)>

Heads Up Volume29, Issue 4 (2022.3.29)

デロイト米国事務所からHeads Upニュースレター(Volume 29, Issue 4) が発行されました。

当Heads Upは、2022年3月21日付で発行されたHeads Upのエグゼクティブ・サマリーを拡張し、SECの規則案 「投資家のための気候関連の情報開示の強化と標準化」 において要求される特定の開示に関連する詳細な事項及び考慮事項について記載しています。規則案では、そのような開示には、気候関連の事象、移行活動及び支出の影響を反映する測定基準、財務諸表上の見積りと仮定、温室効果ガス排出データ、ガバナンス・プラン、気候関連のリスクなどの情報が含まれます。当規制案に対するコメント期限は、Federal Registerでの公表後30日または2022年5月20日のいずれか遅い方です。

内容については、下記のHeads Upニュースレター(英語版)を参照ください。

Heads Upニュースレター Volume29, Issue 4
≫英語版

また、当Heads Upは翻訳版を作成しています。翻訳版はこちらを参照ください。

おすすめリンク

Heads Up ニュースレター Volume29, Issue 02(2022 3.22)
気候開示要求についてのSEC規則案

Heads Up ニュースレター Volume28, Issue 16(2021 11.22)
基準設定-ESG及び気候関連報告が財務報告に該当するとき

Heads Up ニュースレター Volume28, Issue 14 (2021 11. 4)
環境目標に関する会計上の考慮事項

お役に立ちましたか?