ナレッジ

FASBがTroubled Debt RestructuringsおよびVintage Disclosuresに関する要求事項の更新に関するASUを発行

ASU No. 2022-02, Troubled Debt Restructurings and Vintage Disclosures

troubled debt restructuringsの会計ガイダンス削除及びVintage Disclosuresの開示要求の修正<Heads Up Volume29, Issue 5 (2022.4.4)>

Heads Up Volume29, Issue 5 (2022.4.4)

デロイト米国事務所からHeads Upニュースレター(Volume 29, Issue 5) が発行されました。

当Headsは、FASBが新たに発行したASU No. 2022-02, Troubled Debt Restructurings and Vintage Disclosuresについて解説しています。
当ASUは債権者に対するASC310-40におけるtroubled debt restructuringsに関する会計ガイダンスを削除し、「Vintage Disclosures」 に関して開始年度毎に当期のグロス償却額の開示を要求するため指針を修正しています。
又当ASUはASC326における信用損失会計に関する要求事項の更新、資金難に陥っている借り手に対する融資の借り換えやリストラに関する債権者の開示強化の追加が含まれています。

内容については、下記のHeads Upニュースレター(英語版)を参照ください。

Heads Upニュースレター Volume29, Issue 5
英語版

おすすめリンク

Heads Up ニュースレターVolume29, Issue 03(2022 3.29)
FASBがヘッジ会計のガイダンスを明確化

Heads Up ニュースレターVolume28, Issue 19(2021 12.20)
FASB サプライヤーファイナンスプログラムに関する開示の提案

Heads Up ニュースレターVolume27, Issue15 (2020 7.22)
FASB新基準に基づく予想信用損失の開示

お役に立ちましたか?