ナレッジ

【Audit Innovation部 職員インタビュー】アプリケーション企画・開発リーダー

監査人とタッグを組み、国内発のITツールで監査のDXを推進する

監査業務のDx実現にむけ、ITの企画・開発をリードする鈴木が、業務においてどのような意義・面白さを感じ、何を成し遂げたいと考えているのか、インタビューを通じて紹介します。

金融機関の基幹システムに関連する開発業務を通じてキャリアを積む

まずは、自己紹介をお願いします。

あらためまして、Audit Innovation部 アプリケーション企画・開発プロジェクトマネージャー(以下、PM)の、鈴木です。生まれも育ちも群馬県高崎市で、現在も在住しています。駅から少し離れると、田んぼや山に囲まれた自然溢れる場所で、とても好きな町です。小学生の頃は、サッカーに夢中でしたが、今は、うってかわって、相撲や無心で聞ける落語にハマっています。コロナが流行する前は、さまざまな演芸場にも行っていました。

これまで、どのようなキャリアを歩んできたのですか?

新卒でシンクタンクのシステム部門に入社し、主に、証券会社が利用する基幹システムの開発を担当していました。そこでは、現在の業務の基本となる、システム開発の基礎を教えていただきました。設定値を1つ間違えるだけでも想像を絶するような損害が発生する業務に携わりながら、一人前に育てていただき、今でも感謝しています。振り返ると、最初はプログラムを書くところからスタートし、プロジェクトのリーダー、PM、最終的には複数のプロジェクトを指揮管理するグループリーダーを担っていました。

どんなことにモチベーションを感じて、業務に関わってきましたか?

役職が上がるごとに、一緒に仕事をするメンバーが増えていき、様々な方々と共通のゴールを目指して一緒に仕事をしていくことになります。自分で手を動かすことが減るのと反比例して、業務を指揮管理することが多くなり、課題や難題を解決しないといけないことも増え、大変だと思うことも少なくありませんでした。一方で、色々な人の力を借り、自分だけでは成し遂げられないような規模のシステムを全員一丸となって作り上げ、ユーザーに価値を届けられた瞬間には、やはり大きな達成感を感じました。

ユーザーから一番近い立場で、スピード感を持って付加価値提供をしたいと思い、転職を決意

トーマツに入社したきっかけは、何ですか?

これまでの経験を活かして、ユーザーに一番近い立場でスピード感をもって貢献できる業務に挑戦をしたいと考えていました。そんなとき、監査業務の変革を目指し、先進技術やITを業務の中に積極的に組み込んでいくトーマツのAudit Innovation部の存在を知りました。

会計士に期待される役割が多くなることと比例してITで解決したい課題が増加していること、未来の監査においてデジタル技術の活用範囲が拡大するという話を聞き、会計士とタッグを組んでITを活用した前例のない未来作りに挑戦できる場だと感じました。また、面談を重ねる中で、人の魅力はもちろん、多様性を重んじて個人を尊重する社風も感じることができ、ここで様々な専門家・経験者のスキルやノウハウを結集し、目標に向かって価値あるものを作り出しイノベーションを一緒に起こしていきたいと感じ、入社を決意しました。


入社してから、当初期待していたことは実現できていますか?

入社から2年、現在は、アプリケーション施策の構想から保守まで、複数のPMを担っています。関与している業務はとても自分の志向に合致しており、転職で探していた環境に巡り合えて本当に良かったなと思っています。そう感じる理由は、主に2つあります。

一つ目が、プロフェッショナルと協働し、現場の生の声を取り入れた変革をカタチにする面白さを実感できることです。

プロフェッショナルである監査人(被監査先企業の会計監査を担当するトーマツ内の会計士)の一番近い立場で、企画から実現・運用するまでを一緒に行えることが、とても楽しいです。提供する業務に対して非常に真摯かつ厳格なだけでなく、品質の向上や高いインサイトを提供するために、こんなことを解決したい、こんなことをしていきたいという前向きな志向を持っている方が多く、とても刺激を受けています。また、プロジェクトを通じて、企画を検討することから始めて、短期間に品質の高いシステムを構築・完成させるところまでを、実際のユーザーである監査人と一緒に取り組めることは、まさに私がやりたかったことに合致しています。このようなシステムの開発を繰り返し、結果それがDXになり監査のイノベーションにつながるというところに、大きなやりがいを感じています。


二つ目が、ゼロから創り上げていくことに関われることです。

私たちが開発しているアプリケーションプロジェクトでは、どうすれば課題を解決できるか明瞭なものもあれば、具体的な解決像がイメージできない・正しいと言い切れる答えがないような問題に挑戦することもあります。例えば、すでに出来上がっているシステムの場合は、定義すべき事項や資料、達成すべき要件など、ある程度形式化できており、その枠の中で検討されることが多いと思います。一方で、今行っている仕事は、そもそも、どういうアプローチで進めて行くかといったプロセスから決まっていないゼロからスタートし、プロジェクト完了時にどういう着地をさせるかも、自らがコントロールして決めていくという点で、大きな違いがあります。

また、PMとして、アイディアを形にすることだけなく、それに関係するコスト、人員、時間の配分といったリソースの設計や確保も行い、積極的なコミュニケーションとアウトプットにより、最短距離で価値提供を実現できるよう、つねに模索し続けています。直近リリースをしたAudit Suite Vouch(以下、AS Vouch)では、模索した方法論をドキュメントとして形式化したこと、並びにプロジェクトの進め方を体系化できたとことは、大きな成果だったと思います。

利用者との対話を通じて監査業務におけるDXを実現し、社会の期待に応えたい

今後どんなことを実現していきたいですか?

入社した時から、部の名称でもある「イノベーション」を実現するという気持ちを強く持っており、それを達成したいと思っています。2021年には、監査業務の方法論やコミュニケーション方法を大きく変えうるAS Vouchをリリースしました。今後もIT活用による価値創出を追求したツールの開発をリードし、監査業務の変革に貢献していきたいです。

その中で何より大事にしていきたいのは、やはり、ユーザーからの生の声です。システムの開発を通じて、それらを利用する監査人や監査業務における様々なステークホルダーから、「業務効率が上がった」、「アウトプットの質が変わった」、「新しいインサイトが得られた」といったポジティブな声を得られるような結果を更に増やしていきたいです。

もちろん、監査業務に大きな変化をもたらすイノベーション・DXの実現は容易ではありません。現実的に見ても、一足飛びで達成しうるものではなく、ひとつずつ着実にカタチにしていく積み重ねが変革へ続く道だと思っています。監査という業界のイノベーションを通じて社会に価値提供できるよう、これからも、一つずつ確実に成果に繋げていきたいと考えています。

有限責任監査法人トーマツ
Audit Innovation部 ITアプリケーション担当
鈴木 祥晃

 IT分野を専門とし、新規案件から保守運用まで幅広い工程における開発経験を有する。有限責任監査法人トーマツに入社後、Audit Innovation部のITアプリケーションプロジェクトマネージャーとして、監査業務におけるリスク分析ツールの開発や、監査業務のDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進する開発プロジェクトを牽引している。

We're hiring!!

Audit Innovationでは、監査法人トーマツの理念に共感し、共に監査業務のDXを推進するメンバーを募集しています。

お役に立ちましたか?