ナレッジ

「未来の監査」はAIとの協業から始まる

【連載第2回】監査イノベーションへの挑戦

本ページは、株式会社ダイヤモンド社より転載許可を受け掲載しています。出典:「未来の監査」はAIとの協業から始まる、Diamond Quarterly 第5号・2017年夏号、株式会社ダイヤモンド社

関連コンテンツ

人工知能(AI)の幾何級数的な進歩により、会計監査が「進化」を遂げようとしている。まだ黎明期とはいえ、業務の効率化や自動化に留まらず、予測や分析、評価の高度化など、まさしく人間の能力を超えたパフォーマンスが実現しつつある。実は、こうした監査イノベーションには、経営者の行動や意思決定を強力に支援・補完し、マネジメントやガバナンスの質を、それこそ幾何級数的に改善する可能性がある。

お役に立ちましたか?