ナレッジ

国際開発アドバイザリー 案件事例一覧

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社がアジアやアフリカの各国に提供した国際開発支援のサービス提供実績をご紹介します。

関連コンテンツ

国際開発アドバイザリー案件事例一覧

案件事例(1):
平成27年度インフラシステム海外展開促進調査等事業
(新興国におけるインフラ投資推進に向けたニーズ調査事業)

インフラ需要が長期的に見込まれるアジア新興国(ASEAN諸国等)におけるインフラ投資に関連し、そのニーズ、制度、金融機関の投資行動等を国内外にて調査・分析し、検討会の開催支援を行った事例をご紹介します。

 

案件事例(2):
日本センター事業の経営分析及びニーズ分析にかかる情報収集・確認調査

東南アジア(ベトナム、カンボジア、ラオス、ミャンマー)・中央アジア(ウズベキスタン・キルギス)・東アジア(モンゴル)においてビジネス研修および日本語教育を通じたビジネス人材の育成を行う日本センターに対して、ニーズ分析・経営分析を行った事例をご紹介します。

 

案件事例(3)
バングラデシュ国中核都市機能強化プロジェクト

バングラデシュの地方都市自治体である4つの中核都市 (ナラヤンガンジ、ガジプール、ロンプール、コミラ)において、公会計・公共財政管理制度、法制度、行政制度等の整備・能力向上の支援を通じ、行政機能および組織規模の適正化を図った事例をご紹します。

 

案件事例(4):
ウガンダ国交通および農業部門における気候変動緩和活動に関する支援

アフリカのウガンダにおける陸路交通セクターおよび酪農セクターの現状を分析し、両セクターの低炭素成長を支援する政策および融資スキームを提案した事例をご紹介します。
 

案件事例(5):
カンボジア国車両登録・車検制度の行政制度改革プロジェクト

カンボジアにおける車両登録・車検の法制度、運用実態調査を行い、他国の制度を参照しながら、カンボジアが目指すべき姿の提案、行政制度設計・構築の支援を行った事例をご紹介します。

 

お役に立ちましたか?