ナレッジ

海外インフラ輸出の概要及び課題について

海外インフラ輸出 シリーズ第1回

近年、「パッケージ型インフラ輸出」が注目を浴びている。アジアを中心とする新興国の経済発展を受け、今後、電力、運輸、上下水道施設、情報通信など各種インフラ整備へのニーズは膨大になると予想されており、そのような市場機会を日本の成長の糧として取り組もうという動きがある。一方でインフラ輸出は日本だけではなく、欧米や新興国でも戦略分野となっており、競争環境は厳しい状況にある。

関連コンテンツ

はじめに

近年、「パッケージ型インフラ輸出」が注目を浴びている。アジアを中心とする新興国の経済発展を受け、今後、電力、運輸(道路、鉄道、空港、港湾)、上下水道施設、情報通信など各種インフラ整備へのニーズは膨大になると予想されており、そのような市場機会を日本の成長の糧として取り組もうという動きである。政府も、こうしたインフラ分野の民間企業の取り組みを支援すべく国家戦略として検討を行っている。

一方でインフラ輸出は日本だけではなく、欧米や新興国でも戦略分野となっており、競争環境は厳しい状況にある。本シリーズでは、こうした海外インフラ輸出の概要および課題について数回に分けて述べたい 。

続きは添付ファイル[PDF]をご覧ください。 

 

シリーズ第2回
海外インフラ輸出の方法とその市場規模について

(177KB, PDF)
お役に立ちましたか?