ナレッジ

海外インフラ輸出の競合状況とアジアインフラ投資ニーズ

海外インフラ輸出 シリーズ第5回

これまで本シリーズは、概要(第1回)、方法・市場規模(第2回)、プロジェクトファイナンス(第3回)およびインフラファンド(第4回)というテーマで述べてきました。本稿では、まず2013年5月17日に政府から公表されたインフラシステム輸出戦略について、改めて概略を述べます。次に海外インフラ輸出の競合状況、そして最後にアジアの膨大なインフラ投資ニーズを持つインドを中心に取り上げ、今後の課題を考えます。

関連コンテンツ

はじめに

これまで本シリーズについては、概要(第1回)方法・市場規模(第2回)プロジェクトファイナンス(第3回)およびインフラファンド(第4回)というテーマで述べてきました。本稿では、まず2013年5月17日に政府から公表されたインフラシステム輸出戦略について、改めて概略を述べます。次に海外インフラ輸出の競合状況、そして最後にアジアの膨大なインフラ投資ニーズを持つインドを中心に取り上げ、今後の課題を考えることとしたい。

なお、本文中の見解にかかわる部分は、筆者の私見であることをあらかじめご了承ください。

※ 続きは添付ファイルPDFをご覧ください。

(239KB,PDF)
お役に立ちましたか?