セミナー

トーマツスクール2019 経理ベーシック・スキル養成講座(夏期集中講座)|東京

日時:2019年8月21日(水)~ 2019年8月28日(水)

決算業務を遂行するためのポイントを体系的に短期間で習得いただけるよう、特に重要度の高い6つのテーマを学習する基礎編の講座です。

開催概要

会計基準の改定や新会計基準の導入、決算の早期化、内部統制の強化、さらにはIFRS導入を視野に入れた準備対応など、年々経理担当者の業務は複雑かつ高度になっています 。

本講座は、経理ご担当者を中心とした管理部門の方々を対象に、会計の基礎的な知識を学習しながら、会計基準の本質に立ち返って考える力の向上を目的としております。決算業務を遂行するためのポイントを体系的に短期間で習得いただけるよう、特に重要度の高い 6 つの テーマにて開催いたします 。

会計に関する見識を深め、今後のステップアップにご活用頂けましたら誠に幸いにございます 。ご多用な折とは存じますが、皆様からのお申込みを心よりお待ち申し上げております 。

会場 有限責任監査法人トーマツ 新東京オフィス セミナールーム
東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル 7F
参加費 10,000円(税込・1テーマあたり)
パック割引(4 テーマ以上お申し込みの場合):8,000円(税込・1テーマあたり)
※全6回のお申込みの場合は48,000円(税込)になります。
定員 各回35名 ※定員に達し次第、受付終了とさせていただきます。
対象 ・基礎的な経理知識はあるものの実務経験が浅い経理担当者の方
・新しく経理担当部署に配属された方
・経理内のジョブ・ローテーションにより新たな科目担当者となった方
・会計について概括的に短時間で習得したい、経営企画・内部監査等の部署の方
・短期間集中で主要な会計論点を学習したい方
 
pdf, 629KB

セミナーの詳細

  1. 決算と開示(決算短信、計算書類、有価証券報告書)の基礎
    決算制度について、背景となっている制度別に全体概要を解説いたします。
    金融商品取引法、会社法及び税法それぞれに求められている決算書類の内容を確認した上で、決算開示のスケジュールを確認します。また、組替表の活用など演習を通して開示についての基礎的事項を学習します。
  2. 金銭債権/有価証券の評価の基礎
    金融商品に関する会計基準の中で定められている「金銭債権の評価(貸倒引当金の算定含む)」と「有価証券の評価(減損含む)」の全体概要を解説いたします。
  3. 固定資産の減損会計の基礎
    固定資産の減損に係る会計基準で定められている「固定資産の減損会計」の全体概要を解説いたします。特に、固定資産の減損会計の一般的な流れに沿って、演習を通して基礎的事項を学習します。
  4. 税効果会計の基礎
    税効果会計の一般的な流れに沿って、法人税申告書に基づいた一時差異の把握など、繰延税金資産及び繰延税金負債の会計処理のポイントについて演習を通して基礎的事項を学習します。
  5. 連結決算の基礎
    連結の範囲、連結決算の手順の全体概要をご説明いたします。
    連結修正仕訳を中心に、演習を通して基礎的事項を学習します。
  6. キャッシュ・フロー計算書の基礎
    キャッシュ・フロー計算書の意義、読み方及び作成方法の基礎を解説いたします。
    間接法と直接法の違い、間接法によるキャッシュ・フロー計算書の主な表示項目の計算、それらを通じた分析の着眼点について、演習を通じて学習します。
    また、精算表の活用についてもご紹介いたします。
 

お申し込みについて

各講座指定のお申し込みを行ってください。

※ 本講座の申込に際しては、株式会社シャノンのサービスを利用しています。ご回答いただく内容は、SSL暗号化通信により内容の保護を図っております。

※ お申し込みは1名様ずつのご登録が必要となります。

※ 過去にデロイト トーマツ グループ各社のセミナーにお申し込みいただいた方、または現在当グループのメールマガジンをご購読いただいている方は、ご登録済みのID・パスワードで簡単にお申し込みいただけます。

受講のお申し込み

セミナーの申し込みは別ページから必要事項のご入力をお願いいたします。

お申し込み
お問い合わせ

有限責任監査法人トーマツ
監査・保証事業本部 第一事業部 監査第一部
セミナー事務局 担当:古堅(ふるげん)・佐藤
TEL: 03-6213-2020
E-mail:Tohmatsu_TSseminar_1@tohmatsu.co.jp
東京都千代田区丸の内三丁目2番3号 丸の内二重橋ビルディング