サービス

GIPS(グローバル投資パフォーマンス基準)検証

GIPSとは・・・資産運用業界における、投資パフォーマンス提示のための共通のグローバル基準です。投資家から投資パフォーマンス結果の透明性と公平性が強く求められるようにあり、GIPS基準によるパフォーマンス情報の開示は重要になってきています。投資家に対して、信頼できる、正確で適時なパフォーマンス情報を提示するためのグローバルな基準として、資産運用業界においては、広く適用されています。

関連コンテンツ

GIPS準拠検証

グローバル投資パフォーマンス基準(Global Investment Performance Standards, GIPS)とは、資産運用会社による見込・既存顧客に対する投資パフォーマンス実績の公正な表示と完全な開示を確保するために定められた、世界共通の自主基準です。
資産運用会社がGIPS基準に準拠するためには、GIPS基準に関する最新情報、ガイダンス・ステートメント、解釈、Q&Aおよび説明を含めて、GIPS基準の必須事項のすべてに準拠する必要があります。さらに、資産運用会社は、GIPS基準の勧奨事項にも準拠することが奨励されています。

デロイト トーマツ グループでは、検証のプロセスを通じて準拠の効率性および有効性について検証します。

  1. 事前予備調査を含めたGIPS準拠検証サービス
  • GIPS準拠体制の概要把握(GIPS基準準拠方針、GIPS基準準拠規定細則、業務マニュアル等のレビュー
  • システム、内部統制に関する確認(システム構成・統制環境に関する質問、資料の査閲)
  • フィールドワークの実施(関係者へのインタビュー、関連資料や帳票のレビュー)
  • レポートの作成(既存のパフォーマンス測定プロセスにおける発見事項および関連する勧奨事項)
  • 検証報告書の提出

2. GIPS改訂に伴う準拠状況の見直し

GIPS準拠アドバイザリー

今日においては、北米、欧州、アジア・パシフィック、アフリカにわたる25ヵ国以上がGIPS基準を採用しています。
パフォーマンス基準について運用会社の恣意性が排除され、客観性、信頼性、公平性、比較可能性が高まると考えられることから、顧客の評価、関心が高まり、新規募集、新規プロダクト採用検討の際に、GIPS基準への準拠が注目されつつあります。

GIPS導入助言サービス

GIPS準拠体制構築のために、クライアント固有のスタイルに合わせたテーラーメイドのサービスを提供します。

  • GIPS事前検証・導入コンサルティング
  • GIPSおよび投資パフォーマンス測定に関する社内教育・研修
  • GIPS導入ロードマップの作成
  • 社内手続集(GIPS基準準拠方針、測定細則、業務マニュアル等)の整備
  • GIPSの必須基準を含めたガイドラインの策定(コンポジット構築および管理の方法、投資一任/非一任の定義、パフォーマンス記録の方法および報告書の記載方法等)およびその文書化
  • 意思決定機関の構築(GIPSコミュニティー、メンバーとその役割)
  • システム構成図の作成
 

GIPS準拠助言サービス

GIPS準拠体制構築のために、クライアント固有のスタイルに合わせたテーラーメイドのサービスを提供します。

  • GIPS関連セミナー
  • 業界動向に関する情報提供
  • パフォーマンス測定に関する社内規定、業務マニュアル等のレビュー(GIPS基準準拠方針、GIPS基準準拠測定細則、業務マニュアル、システム構成図、パフォーマンス報告書等)