ナレッジ

【ウェビナー】農協の「人事」「共済事業」「管理会計」「ESG経営」の課題を解決するヒントとは?

農協の「人事」「共済事業」「管理会計」「ESG経営」に関してよくある課題と、その課題を解決するにあたって必要な打ち手について解説します

動画視聴についてのご案内
  • 動画はどなたでもご覧いただけます。
  • 動画の公開期間は2023年5月31日までです。
  • 本ウェビナーの録音・録画・キャプチャはご遠慮ください。
  • 正常に再生されない場合、ブラウザの更新ボタンをお試しください。
  • 動画を視聴後はアンケートにぜひご回答ください。
    ご回答頂いた方のうち、資料送付をご希望の方には後日資料をお送りします。

 

アンケートに回答する

JAの人事 プロセス評価の本質 ~職員のがんばりを評価するためのプロセス評価を機能させるための考え方~

「成果だけではなく、職員のがんばりを評価したい」と考え、目標を「契約」から「訪問」に変えればプロセス評価になるわけではありません。職員のがんばりを正しく評価するためには、プロセス評価の本質を理解し、期首に設定した目標の達成率で職員を評価する従来の目標管理の発想からの脱却が必要です。そこで、プロセス評価とは、どのような考え方にもとづいて、どのように機能させるのか、プロセス評価の本質を解説します。

JAの共済事業 JA共済の価値を再認識することでライフアドバイザーが変わる ~LAが共済推進に前向きに取り組み、必要な数字ができる、「やりがい」による動機づけ~

LAがノルマに追われて数字づくりをするのではなく、JA共済の価値を理解し、前向きに目標に向き合うことで、必要な数字を実現できたら理想的ではないでしょうか?JA共済に対して不本意なイメージが発信され、若いLAの離職が増加する現状を変えるために、LAに対するお金による動機づけを卒業し、「やりがい」による動機づけをはじめましょう。LAを共済推進に前向きにするための手法をご紹介します。

JAの管理会計 管理会計の共通的な課題に対する解決の方向性 ~管理会計の本質とは何か?~

管理会計は数値を管理する仕組みと捉えられがちです。それも管理会計の1つの要素ですが、より広く解釈すると「経営方針や経営戦略を実現するための手段」であると言えます。「そもそも管理会計とは何なのか?」「組合を経営する中で管理会計はどのように位置づけられ、どのように役立てるべきなのか?」ということを4つの共通的な課題に対する解決策の検討を通じて解説します。

JAのESG経営① 取り組みの必要性 ~持続可能な地域・組織の実現に向けた意識改革~

サステナブル、SDGs等と同様、”ESG”も耳にする機会が増えています。積極的にESGに取り組む企業も増える中、JAにおいてもESGは取り組まなければならない経営戦略の1つと考えられます。JAにおいてESGに取り組む必要性について解説します。

JAのESG経営② 気候変動リスクに対する取り組み ~持続可能な地域・組織の実現に向けた意識改革~

異常気象による被害が年々増加傾向にあります。気候変動は、地域の農業や生活に、今後ますます重大な影響を与えかねず、JAにおいても対応すべき重要な課題といえます。 JAにおける気候変動に対する取り組み例を解説します。

JAのESG経営 ③人的資本の向上の取り組み ~持続可能な地域・組織の実現に向けた意識改革~

政府が“人への投資”を推進するなど、今、改めて人材に注目が集まっています。持続可能な組織であるため、価値創造の起点となる人材の育成・確保はJAにおいて最も優先すべき課題の1つと考えられます。 人的資本向上の取り組みの方向性について解説します。

※ご回答頂いた方のうち、資料送付をご希望の方には後日資料をお送りします。

お役に立ちましたか?