調査レポート

中国コンシューマー市場

閉まろうとしている参入機会の”窓”

デロイトの発表したレポート“China’s consumer markets”では、デロイトが中国の各階級を含む6都市の消費者を対象に調査を実施し、アパレル品の購買決定要因の傾向等を分析しています。また、調査結果から確認できる消費市場のトレンドや、中国消費市場への参入を検討する企業に必要とされる事前準備等について解説します。

関連コンテンツ

中国コンシューマー市場

現在、消費財ビジネスにとって、成長可能な地域はあとわずかとなっている。中国には成長市場があるかもしれないが、二桁成長曲線の最終段階から利益を得るためには、中国への進出意欲を持った企業は今こそ参入すべきである。現在の経済成長率は今後5~10年以内に低下する見込みであり、市場参入はますます難しくなっていくであろう。

中国進出を計画している企業は、自らが進出に十分なリソースを有しており、効果的に戦っていくための競争力を備えているかどうかを確認する必要があるだろう。これらが可能な企業が、市場を見つめ、機会を理解し、戦うべき市場を定め、参入戦略を考案し、進出を成し遂げることができるはずである。

中国における信頼できる公式情報は乏しく、市場は外国人に対し悪名高いほどに不透明である。従って、効果的な中国進出ができるかどうかは、事前のデューデリジェンスに懸かっている。ここでは、市場のデューデリジェンスを通じて得られたインサイトを見ながら、中国の消費者に関する調査結果を報告する。

PDF (655 KB)

関連コンテンツ

お役に立ちましたか?