最新動向/市場予測

2020年のグローバル消費者像大予測

コンシューマー2020

本レポートでは、経済動向と人口動態、限りある資源とその持続可能性の考察、そして私たちの日常生活にかつてないほど大きな影響を与えるテクノロジーに対する洞察を通じて、今後10年間における消費態度や消費パターンの変化の予測を試みています。

関連コンテンツ

2020 年のグローバル消費者像大予測

世界の経済動向が個人消費パターンにどのような影響を及ぼし得るのか、様々な地域の消費者は何に価値を見出しているのか、消費者は何を必要としているのか、そして、消費者行動は今後10年間のうちにどのように変わっていくのか。

こうした議論を行うにあたり、まずは不況から徐々に脱却しつつある世界経済の変化が、個人消費のあり方にどのような影響を与え得るのかを概観する。そして、将来の予測が可能な範囲で、長期的な経済、人口、テクノロジーの動向と、それにより今後10年間に生じ得る消費者行動の変化についてみていく。 

(3.4MB, PDF)
お役に立ちましたか?