調査レポート

2015年のコンシューマーグローバル企業動向

ネット消費者とつながる消費財業界

デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(DTTL)では毎年、世界の消費財業界に関する調査レポートを発表しています。8回目となる2015年版の本レポートでは、2013年度(2014年6月までに期末を迎える各企業の事業年度が対象)について一般に入手可能な情報に基づき、消費財に関連する全世界の企業のうち大手250社を分析しました。

2015年のコンシューマーグローバル 企業動向

本レポートでは世界の消費財関連企業の売上トップ250社をランキングし、世界経済の見通し、消費財業界の時価総額、同業界におけるM&A活動について検討、分析するとともに、ネット消費者とつながることの重要性について説明します。

<目次>
世界経済の見通し
ネット消費者とつながる消費財業界
世界の消費財関連企業上位250社
上位250社の注目点
上位10社
地域分析
製品セクターによる分析
上位250社への新参企業
急成長企業50社
M&A活動
Qレシオ分析
 

(1.97 MB,PDF)

関連するサービス

オムニチャネル戦略(流通業向け)
顧客起点で、あらゆるチャネルをシームレスに融合させ、顧客経験価値を高める「オムニチャネル戦略」の実現に向けた変革を、スピーディーかつ実効性ある形で、支援します。

東南アジアへの進出の鍵「現地の実態を理解する」
東南アジアへの進出を考える際には、現地語・現地人脈を活用した情報収集と、現地理解に基づく市場アセスメント・戦略策定が欠かせません。デロイトは500名以上の現地人コンサルタントと数十名の日本人駐在コンサルタントを有しており、デロイト トーマツ グループはこの体制を活かして各種アセスメントや進出戦略策定をご支援しています。

お役に立ちましたか?