調査レポート

アジア市場動向調査シリーズ

バックナンバー

デロイト トーマツ グループで発行したアジア市場に関するレポートを紹介します。

コンシューマーインサイト

Deloitte Consulting Southeast Asia (DC SEA)では「デロイト コンシューマー インサイト」と題した消費者調査レポートを発表しております。

 

インドネシア消費者調査 2017

2016年に引き続き、インドネシアの最新の購買・消費動向をご紹介します。さらに、過去3年間の調査との比較を通じて、ここ数年間のインドネシア消費者の進化のポイントを考察します。

タイ消費者調査 2016

Deloitte Consulting SEAの消費者調査として、初めてタイを取り上げます。東南アジアの中でも特に洗練された消費者が多く、今なおさらなる発展と上昇を遂げようとしているこの市場における、全般的な消費者マインドや具体的な支出構成や購買行動についてご紹介します。

ミャンマー消費者調査 2016

本レポートでは、「希望に満ちた国で絶好のチャンス」と題し、初めてミャンマーを取り上げました。多くの消費財メーカーや小売企業の注目と期待を集める同国における、消費者の購買行動やブランド選好について、調査結果をご紹介します。 

インドネシア消費者調査 2016

本レポートでは、昨年同様の食品・日用雑貨カテゴリーにおける消費者の支出構成や購買行動に加え、電化製品の購買パターンを新たに調査しました。さらに、将来の成長が見込めるeコマース市場や消費者の情報入手経路の進化についても分析しました。

アジア市場動向レポート

デロイト トーマツ グループではアジア各国のマクロ・消費財・小売に関する市場動向レポートを発行しております。各レポートのサマリーが下記のリンク先よりご確認頂けます。レポート本編につきましては、お申し込み頂いた方へ郵送にて発送させて頂きます。

2015年版 インド市場動向

インドは世界2位の人口規模と高い経済成長率を持つコンシューマービジネス業界における有望市場です。本レポートでは、インドのマクロ環境と、加工食品・飲料市場、日用品市場、小売市場の動向についてとり上げています。

2015年版 中国市場動向

国内消費の落ち込みなど経済の減速が大きな課題となっている中国ですが、依然、世界一の人口規模を持つ大国であることには変わりはありません。本レポートでは、中国のマクロ環境と、加工食品・飲料市場、日用品市場、小売市場の動向についてとり上げています。

2015年版 タイ市場動向

タイはこれまでにアジア通貨危機、歴史的な大洪水、政治的な混乱などで度々の経済減速に見舞われてきましたが、ASEANではインドネシアに次ぐGDP規模を誇る有望な市場です。本レポートでは、タイのマクロ環境と、加工食品・飲料市場、日用品市場、小売市場の動向についてとり上げています。

2014年版 インドネシア市場動向

インドネシアはASEAN最大の人口を有し、経済成長に伴い中間層が急速に拡大しており、消費市場として注目されています。本レポートでは、インドネシアのマクロ環境と、加工食品・飲料市場、日用品市場、小売市場の動向についてとり上げています。

2014年版 消費市場としての魅力が高まるASEAN市場

ASEANはこれまで安価で豊富な労働力を背景に生産拠点として存在感を高めてきましたが、ここ数年は中間層の増加に伴い消費市場としての魅力が高まっています。ここではインドネシア、タイ、フィリピン、ベトナム、マレーシア、シンガポールの6カ国に着目し、市場概況についてまとめています。

2014年版 ベトナム市場動向

ベトナムでは、経済成長や若年層の厚み、中間所得層の拡大などから、消費市場としての将来性が期待されています。本レポートでは、ベトナムにおけるマクロ環境と、加工食品・飲料市場、日用品市場、リテール市場の動向についてとり上げます。

 

お役に立ちましたか?